どら猫のダンボール箱ゲーム生活

サムスピや格闘ゲーム中心のブログ

サムライスピリッツ 令サム

高嶺 響(Ver.2.20)

投稿日:

サムライスピリッツ(2019)に登場する高嶺響の特徴を紹介します。

響ってどんなキャラ?

SNK製の剣戟格闘ゲーム「月華の剣士シリーズ」よりのゲスト参戦キャラ。今作三人目のコラボ参戦キャラとなる。

今作品に登場する「橘右京」と同じく居合剣術の使い手で、通常技、必殺技共に攻撃発生が非常に早く反撃能力に秀でている。扱いやすい技が揃っており癖は少ないが的確に攻撃を当てる技量が問われるため中級者以上向けのキャラと言える

▲居合キャラ故発生の早い攻撃が多いのが最大の長所。

響で気を付ける事は?

空振りをした時に大きな隙を晒す攻撃が多く、空対空含めて対空手段に乏しいため守りの面で不安がある。また高リーチ技を持つ相手には自慢の反撃能力も活かしにくくジャンプ軌道の緩さと低防御力も相まってジリジリ体力を削られやすい。

崩しが弱いキャラだが反撃狙いだけで勝つのは難しいので、ある程度自分から攻める必要があるためガードクラッシュ値を溜めるのも意識しておきたい

▲自身よりリーチに優れた相手をどう捌くかが課題となる。

通常技

■遠立弱斬り

キャンセル可能。リーチが長く近距離での牽制と反撃に使いやすくとても便利。ヒット時は弱遠間にて斬る也がキャンセルで繋がるのでセットとして使うのも良い。

■近立弱斬り

キャンセル可能。打撃属性。弾かれる心配がないので至近距離で活躍する。ヒット時は弱遠間にて斬る也まで繋いでダメージを稼ごう

■しゃがみ弱斬り

遠近切り替え無し。発生は近立弱斬りより少し遅いがヒット時は五分で攻めを継続しやすい。下段で弾かれる心配もないので近距離戦で振りやすい。

■遠立中斬り

しゃがみ中斬りの性能が高いため出番は少なめだがリーチはこっちのほうが長くヒット時は五分なので置き技として使うといいだろう。

■近立中斬り

キャンセル可能。上方向の判定が強く、めくり気味のジャンプでも落とせる。響は対空面で不安があるキャラなので近距離では頼ることになるだろう。

■しゃがみ中斬り

遠近切り替え無し。キャンセル可能。発生が8Fとかなり早く、牽制や反撃手段として優秀な技。ヒット時は各種必殺技が繋がる。

■遠立強斬り

リーチは短めだが発生はかなり早く威力も高い。大きな隙に対しての反撃手段やガードされた時は遠間にて斬る也を弾かれキャンセルしてガードクラッシュ値を溜めるなどが基本的な使い方になる。空ぶった時の隙が大きいので最低でもガードはさせたい。

■近立強斬り

2段技。初段の発生が強斬り系の中では最速クラスに早く咄嗟の反撃手段として使いやすくガードクラッシュも狙いやすい。上判定は薄く少し前進するためジャンプで避けられやすい欠点がある。

■しゃがみ強斬り

遠近切り替え無し。攻撃判定は強いが同時に喰らい判定も大きく発生も遅いため対空として使うには少し先読みが必要になる。ジャンプ軌道が低い相手には先出ジャンプ攻撃で潰されやすいので要注意。

立蹴り

そこそこ横に長いが発生が少し遅めでヒット、ガード時の状況も良くないため素手時くらいでしか使う事はない。

■しゃがみ蹴り

下段技。ヒット時は五分で攻めを継続しやすい。弱斬りと併せて至近距離で使っていく。

6蹴り

下段技。キャンセル可能。発生も遅くリーチも短いので使い所を選ぶ技。至近距離での下段始動コンボ用水月を突く也をキャンセルして下段~中段の連携でガードを揺さぶるなどが主な使い方になる。

■3蹴り

下段技。発生は早めだがリーチが短くガード時も大きく不利なため普段はほぼ使わない。武器を落とした時の確定反撃に使う位か。

■踏み込み弱斬り

打撃属性。リーチは短いが隙も小さく踏み込み距離も見た目より長いので当てやすい。持続も長いので後半部分を重ねるように当てると隙もほとんど無くなる。

踏み込み中斬り

キャンセル可能。発生が8Fと小技並に早くキャンセルも聞くため、確定反撃や差し込みなどあらゆる状況からダメージを奪うのに使える。ヒット時に備えて常に必殺技コマンドを仕込んでおくのも良い。ガードされた時は隙が多いので弾きなどのフォロー行動もしておこう。

■踏み込み強斬り

ヒット時はダウンを奪える。他にダメージを奪う手段が充実してるので咄嗟の反撃や倒し切り以外で使う事はあんまり無い

■踏み込み蹴り

下段のスライディング。持続の長さと飛距離の長さがウリ。発生もそこそこ早く中距離からの奇襲技として使いやすい。めり込んだ場合は隙が大きいので持続の後半部分を当てるよう狙いたい。

■不意打ち

小ジャンブしての斬りつけ。響には貴重な中段択だが前方への攻撃範囲がとにかく狭いため密着に近い位置でないと届かない。ヒット時は微有利で攻めを継続出来るがガード時の隙が大きいのでここぞという時以外は使わないほうがいい。

■ジャンプ弱斬り

横に長いが響のジャンプ軌道の高さと発生が遅めなのもあって使いにくい。同じジャンプ軌道が高いキャラ相手に対しての空対空に使う位だろう

■ジャンプ中斬り

主に飛び込みに使う。めくりにも使えるので崩し技としても活躍する。空対空としてもそこそこ使いやすい。

■ジャンプ強斬り

発生は少し遅いが判定はかなり強い。空対空で使う場合は相手のジャンプを見てからだと発生負けしやすいので先読み気味に置いて使うのが基本になる。

■ジャンプ蹴り

響のジャンプ攻撃の中では発生が早めで下判定も強い。ジャンプで纏わりつかれた時の追い払い手段として使うのが主。

■素手立攻撃

ガード時の隙が大きくヒット時の不利も大きいため使いにくい。武器を落としたら蹴り攻撃を中心にしたほうがいい。

■しゃがみ素手攻撃

立攻撃よりは隙が小さいが微妙なのは変わらないので使いにくい。

■踏み込み素手攻撃

ダウンは奪えるようになったが隙は少し増えた。発生自体は早いので差し込みや近距離での反撃などに使ってダウンさせてから武器を取りに行きたい

ジャンプ素手攻撃

ジャンプ蹴りより発生が早いので空対空に使いやすい。見た目より下判定が強い。

■素手不意打ち

中段技。ダウンは奪えるが武器持ち時より隙は増えたので注意。

必殺技

■遠間にて斬る也

響の攻撃の中では最長のリーチを誇る必殺技。強版は怒り強化対応技。ボタンによって性能がかなり変わる。この技が届く間合いで立ち回るのが響にとって最も重要になってくる。外した時の隙が尋常ではなく大きいので確実に当てに行きたい。

発生は弱>中>怒り>強の順で早い。最速発生の弱版を確定反撃や弱斬りヒット時の連続技用、下段技でダウンを奪える中版をコンボ用、発生は遅いがガード時の隙が少ない強版を弾かれキャンセルでの隙消し用に使うのが基本となる。

怒り強化版は2段技になり火力も高くガード時の隙も強版ほどではないが少ないため怒り状態時の固めや連続技パーツとして活躍する

必殺技なので弾かれる心配もなく安全に反撃しやすいが十兵衛の心眼刀など一部の当身技には取られるので、それらの技を使う相手と戦う時は注意しておこう。

▲怒り強化版

■近寄りて斬る也

走りながら斬撃を出す突進技。コマンド成立時からボタンを押している間は攻撃を出さずに走り続け、ボタンを放すと攻撃をする特性を持っており、この走り続けている間にレバーを←←入力(右向き時)か蹴ボタンを押すと攻撃を出さずに急停止する。

また、ヒット時の距離によって攻撃属性が変わる特徴も持っており、離れた位置でヒットした場合はダウン判定、近い距離でヒットした場合は相手の仰け反り中に裏に回る行動を取る。

裏回り行動中は秘奥義を除いた(武器飛ばしに関しては後述)各必殺技がキャンセル可能になる。この裏回り行動はボタンによって条件が違い弱版は溜め無しでも出るが中版と強版はボタン溜めをする必要がある

もう一つの特徴として怒り状態中に中版と強版を一定時間ボタンを押しっぱなしにして至近距離で地上ヒットさせた場合は武器飛ばしがキャンセル可能になる(月華の剣士の昇華再現)。

色々と複雑な条件を持っている技だがガードされた時の隙は大きいので普段は弱版を近距離と投げからの連続技として使うものとして考えておくのが良いだろう。

■水月を突く也

中段の打撃属性技。一定時間ボタンをホールドすることでヒット時に秘奥義を除いた必殺技をキャンセルして繋ぐことが出来る。ガード時の隙が大きく溜め無しではダメージも雀の涙なので普段はあまり使わない技である。

■居を合わす也

飛び道具、下段、秘奥義、怒り爆発を除いた属性の攻撃を取れる当身技なのだが攻撃を取れる範囲が響の掌部分だけなので前述の攻撃属性以外でも取れない攻撃は結構多い。持続も短いため相手の行動にピッタリ合わせる必要がある。

当身が成立した場合は下記の二つの必殺技に派生することが可能になる。派生技への繋ぎは当身を取った直後だと出ないのでワンテンポ遅らせてからボタンを押すといいだろう。

■抜かば斬る也

居を合わす也が成功後に各斬ボタンのどれかを押すことで追撃をする技。追撃中は武器飛ばしと一閃がキャンセル可能。怒り状態と怒り爆発中に狙っていきたい。抜かば斬る也成立後に即キャンセルすると外れるため少しディレイをかける必要がある。武器飛ばしと一閃では当てるタイミングが変わるので練習しておこう

■抜かずば斬る也

居を合わす也が成功後に蹴ボタンを押すことで追撃をする技。追撃中は遠間にて斬る也がキャンセル可能。

遠間にて斬る也は当てやすい弱版がベストだが即キャンセルすると外れるので少し遅らせてからキャンセルする必要がある。強版遠間にて斬る也なら最速で出せばディレイの必要はないが怒り中は強化版に変わるためゲージ状況を把握しておく必要がある。自分が画面端を背負っているかつ怒り状態中なら怒り強化版で大ダメージも狙える。

■発生する神気也

突進系の武器飛ばし技。ヒット時は相手をロックして演出に移行する。発生が非常に速いため小技からも連続技として繋がり中斬り以上の隙への反撃やジャンプで逃げる相手を狩ったりと使い道が多い。怒り状態中はこの技を盾にして圧力をかけていきたい。

■死を恐れぬ心也

その場で攻撃する秘奥義。リーチが短いので投げを回避した時や近距離で弾きが成功後に使うのが基本となる。ガードクラッシュ後の連続技にも使えるが慣れが必要。

■人斬りモード

キャラクターセレクト時に響にカーソルを合わせて弱斬りボタンを押しながら選択すると月華2幕の響隠しEDを思わせる人斬りVer.の響を使用可能になる。特に技などは変わらないが台詞、BGM、一部演出は変わるので普段とは違う雰囲気の響を楽しめる。

連続技

■遠立弱斬りor近立弱斬りor6蹴り>弱遠間にて斬る也or武器飛ばし

小技からの連続技。怒り時は武器飛ばしも繋がる。

■近立中斬りorしゃがみ中斬りor踏み込み中斬り>各種遠間にて斬る也or弱近寄りて斬る也(>各種遠間にて斬る也)or武器飛ばし

中斬り始動コン。弱近寄りて斬る也は近距離ならその後遠間にて斬る也が派生技になり繋がる。

■中近寄りて斬る也or強近寄りて斬る也>ボタンホールド>武器飛ばし

怒り中限定コン。あまり実戦で使う機会はないが相手が遠距離で無敵昇竜技をスかった時のお見舞いしてやろう。

居を合わす也>抜かば斬る也>武器飛ばし

当身コンその1。抜かば斬る也から武器飛ばしは最速ではなく少し遅らせる必要がある。

■居を合わす也>抜かずば斬る也>弱遠間にて斬る也 or強遠間にて斬る也

当身コンその2。強版の遠間にて斬る也なら抜かずば斬る也成立後に最速で出しても繋がるが怒り状態中だと怒り強化版になりカス当たりしやすいため、その時は弱版を選択するのが良いが弱版は最速だと繋がらず遅らせが必要になるので要練習。

■水月を突く也>最大溜>弱近寄りて斬る也(>各種遠間にて斬る也)or武器飛ばし

中段コン。当てる機会はなかなか無い。忘れた頃に使うのがいいかも。

前倒しor引っ張り>踏み込み中斬り>各種遠間にて斬る也or弱近寄りて斬る也(>各種遠間にて斬る也)or武器飛ばし

投げコン。弱近寄りて斬る也からの派生コンは大ダメージを狙えるので要練習。

■引っ張り>遠立強斬り

後ろ投げコン。ダメージは奪えないが上記の投げコンより火力は高い。画面端だと近立強斬りになりダメージは下がるので注意。

■遠立強斬りor近立強斬り>GC>各種近寄りて斬る也(>ボタンホールド>各種遠間にて斬る也)or強近寄りて斬る也(>ボタンホールド>武器飛ばし)or武器飛ばし

ガードクラッシュコンその1。近寄りて斬る也は至近距離ならボタンホールドする必要がない弱版を選ぼう。怒り時は中版か強版のホールド長押しからの武器飛ばしコンを狙うのが良いが面倒なら直接武器飛ばしを入れるのも有。

遠立強斬りor近立強斬り>GC>遠間にて斬る也>ボタンホールド>急停止>秘奥義

ガードクラッシュコンその2。急停止からの秘奥義は最速でないと繋がらないため手が忙しい。 急停止のバックステップ入力と蹴ボタン入力の二つは自分に合ってる入力法を選ぼう。

基本的な立ち回り

■遠距離

ほとんど出来る事が無い距離だが相手の前ジャンプに弱遠間にて斬る也が届く位置もあるので把握しておきたい。

■中距離

弱遠間にて斬る也が先端ギリギリ届く距離を維持するのが好ましい。平均クラスのリーチの遠中斬りならガード後に弱遠間にて斬る也の反撃もしやすいので見逃さないように。相手が遠間にて斬る也を警戒して固まり気味なら遠立強斬り>強遠間にて斬る也と言ったガードクラッシュ値を稼ぎやすい連携を厚かましく狙うのも有。

自分から攻める時は隙の少ない踏み込み弱斬り、発生の早い踏み込み中斬り、下段の踏み込み蹴りが中心となる。特に踏み込み中斬りは投げを警戒して小技を置くかジャンプなどの逃げ行動を狩りやすいので適度に見せておきたい。

■近距離

反撃からのダメージを狙いやすい距離。中斬り以上の攻撃をガードした時はキャンセル可能な立弱斬り、しゃがみ中斬りから反撃でダメージを稼ぐチャンス。崩しが弱いキャラなので弱斬りとしゃがみ蹴りでちくちく削るのが基本となる。

至近距離ではジャンプ逃げやバクステを狩りやすく対空にも強い近立中斬りも活躍する。相手が固まり気味になったら不意打ち、6蹴り、防御崩しで崩しに行きたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サムライスピリッツ, 令サム

執筆者:

関連記事

「令サム」ボタン配置について アケコン編

今回はアーケードスティック、通称「アケコン」のボタン配置についての記事になります。令サムも発売して早半年。アーケード版も稼働したことですし自分に合ったボタン配置も各々で定着化していると思います。 しか …

公孫離(Ver.2.0対応)

サムライスピリッツ(2019)に登場する「公孫離」の特徴を紹介します。 公孫離はどんな性能のキャラ? 中国で人気のスマートフォンゲーム「王者栄耀」の登場キャラ。ウォーデンに続くコラボ参戦キャラとなる。 …

王虎(Ver.1.72対応)

サムライスピリッツ(2019)の「王虎」の特徴と主力技を紹介します。 王虎はどんな性能? 高い火力と最高クラスの防御力だけでなくリーチも平均以上の長さを持つ近距離、中距離戦共に強い高火力キャラ。自ら武 …

【令サム】ミナのメモとか

溜め無し体貫弓が踏み込み(ダッシュ)状態中に当たるキャラ、当たらないキャラ 【当たる】 覇王丸夜叉丸ガルフォード右京狂死郎十兵衛半蔵アースクェイク慶寅シャルロットダーリィ瑞香リムルル破沙羅王虎ミナ 【 …

【令サム】ゴースト機能を見つめ直す

自分自身や対戦相手の分身を対戦内容から自動で生成すると発売前からの触れ込みで話題となった「ゴースト」。対戦を重ねるたびに動きを学ぶ機能もあることでユーザーの期待も高かった。しかしいざゲームが発売してみ …