どら猫のダンボール箱ゲーム生活

サムスピや格闘ゲーム中心のブログ

サムライスピリッツ 令サム

梅喧(Ver.2.40)

投稿日:

サムライスピリッツ(2019)に登場する梅喧の特徴を紹介します。

梅喧ってどんなキャラ?

ギルティギアシリーズより参戦。今作では4人目のゲスト参戦キャラ。平均リーチが長めの通常技とカウンター主体の必殺技にギルティギア特有のシステムを備えており、扱いは難しいが攻守共にバランスが取れた高性能なキャラ。他のキャラに比べてダメージ源がコンボ主体となっているため単発の攻撃力はやや控えめに設定されている。

▲攻めの強さだけではなく守りの強さも備えたキャラ。

梅喧で気を付けることは?

攻守ともに性能の良い技が揃っている梅喧だが、各技の得意不得意な間合いがはっきりしており必殺技の大半が派生技で構成されているためプレイヤーにかなり負担をかけるキャラとなっている。

キャラ対策以上に梅喧を使って勝つためには操作キャラの理解度が何より大切。自キャラに振り回されないように心がけていきたい。

▲派生技の種類が多く慣れないうちは自キャラに振り回されやすい。

通常技

■立弱斬り

キャンセル可能。打撃技っぽい見た目だが弾かれる。リーチが短く至近距離でしか当たらないほど範囲が狭いため少々使いにくい。キャンセル可能だが繋がる技が爵走からの最速口無くらいなのであまり意識はしなくてよい。

■しゃがみ弱斬り

打撃判定で弾かれる心配はないため至近距離の暴れや接近防止に使いやすい。

■特殊技1(6弱斬り)

ギルティシリーズでお馴染みの対空技を再現したものだが本作では特に上半身の無敵はない模様。キャンセル可能。上の判定は強いが持続が短いため対空に使うにはかなり引き付ける必要がある。キャンセルは可能だが対空後に繋がる技はないので注意。

■遠立中斬り

キャンセル可能。持続が長いので置き技として使いやすい。空振りしてもキャンセルが掛かるのでスカったと思わせて蚊鉤などでフォローするのも効果的。

■近立中斬り

キャンセル可能。ガトリングコンビネーション始動技でヒット時は強斬りボタンを押すことで連続ヒットする派生技になる。主に連続技の始動用として使い、ヒット時は畳替えしかガトリング、怒り状態時は武器飛ばしに繋ぐのが良いだろう。

■しゃがみ中斬り

リーチが長いだけでなく打撃判定で弾かれる心配もないため牽制技に最適。梅喧の主力技とも言える攻撃でこれをブンブン振り回すだけで困るキャラも多い。ただし、ジャンプ攻撃を受けるとしゃがみ喰らいになり大ピンチになる恐れもあるので調子にのって振り回さないように気を付けたい。

■遠立強斬り

見た目以上に範囲が広い。威力が高いので咄嗟の反撃や弾かれキャンセル蚊鉤などでガードクラッシュ値を稼ぐのも有。

■近立強斬り

ガトリングコンビネーション対応技で近立中斬りか踏み込み中斬りがヒット後に強斬りボタンを押すことでこの技まで繋げることが可能。強斬り系の技としては威力は少し低いが判定は大きいのでジャンプ狩りなどにも使える

■しゃがみ強斬り

振り抜き属性。強斬り系の中では発生がかなり早く低姿勢なのもあって一部の飛び道具や牽制技を避けながらの攻撃も可能。上の判定も強く出ており空中の相手にもヒットするので垂直ジャンプで様子見する相手に使うのも有。技後の隙も短めで相手によってはガードされても反撃が安く済むのも強み

■立蹴り

少し前進しながらの蹴り。発生は遅めで少し使いにくい。足の先っぽの判定が強いので対空に使えなくもないが無理をしてまで使う必要はあまりない。

■しゃがみ蹴り

下段技。ヒット時は五分でリーチも長いので近距離で使いやすい。弱斬り系のリーチが短いのでよく使う。

■6蹴り

移動しながらのヤクザキック。発生は遅いが持続は長い。普段あまり使わない技だが持続の終わり部分を当てるように使うと隙がほとんどない。

■3蹴り

下段技。ヒット時はダウン判定。発生は早いがガード時の隙は大きめなので使う場面をよく選びたい。こちらも持続はかなり長いので終わり部分を当てて隙を減らす使い方も出来る。足の先端部分の上判定が強いため対空に一応使えなくもないが素手時以外ではあまりお勧めしない。

■踏み込み弱斬り

キャンセル可能。発生が速くリーチも長いため差し込みや反撃手段に重宝する。ヒット時は六根削ぎ(爵走コマンド+強斬り同時押し)が繋がるのでコマンドを仕込んでおきたい。

■踏み込み中斬り

キャンセル可能。防御崩しからの追撃に使うのが主な使い方。普段はガトリングコンビネーションか畳返しをキャンセルで繋ぎ、怒り状態時は武器飛ばしを選択しよう。

■踏み込み強斬り

振り抜き属性。ヒット時は吹き飛びダウン判定。縦と横の判定が強く投げを嫌がってのジャンプかバックステップを狩るのに使える。ガード時のノックバックが大きいので先端付近をガードさせた時は痛い反撃を受けにくいのも強み。

■踏み込み蹴り

下段技。ヒットしてもダウンはしないが飛距離と持続が長いため奇襲技として優秀。先端付近をガードさせた場合は隙がほとんどないので間合いを把握しておきたい。

■不意打ち

中段技。リーチが長いだけでなくガード時の隙も小さめでヒット時は有利を取れる優れもの。しゃがみ強斬りを意識してしゃがみガードで様子見する相手を揺さぶるのに使える。

■ジャンプ弱斬り

ジャンプ攻撃の中では発生が一番早い。近距離で纏わりつかれた時の追い払いに使おう。

■ジャンプ中斬り

ガトリングコンビネーション対応技でヒット時は特殊技2(中斬+強斬)が繋がる。斜め下に長いリーチを誇り空中戦の主力になる技。垂直ジャンプからの様子見や遠目からの飛び込み、中距離での空対空と用途は多い。

■ジャンプ強斬り

下の判定が強く持続もかなり長いので近い間合いの飛び込みに使いやすい。発生もジャンプ中斬りより早いので昇りジャンプ中に早めに出して相手の空対空を潰す使い方も可能

■ジャンプ蹴り

キャンセル可能。真上の判定が強く上から被せられるタイプのジャンプを落とすのに使いやすい。ヒット時は弱か怒り強化版の妖斬扇がキャンセルで繋がる。

■特殊技2(中斬+強斬)

ギルティギアシリーズの空中ダストアタックを再現したもの。ガトリングコンビネーション対応技でジャンプ中斬りがヒット時に入力することで連続ヒットする。真横の判定が強いので空対空にも使える。着地ずらしにも使えるが着地時の硬直は長いので注意。

■立素手攻撃

リーチが短くガード時の隙も大きいので使いにくい。至近距離ではガード後に近中斬りが反撃で間に合うキャラもいるので要注意

■しゃがみ素手攻撃

武器持ち時よりガードされた場合の隙が少し増えたがヒット時の隙は減っている。立素手攻撃の性能が低いのでこっちを使いたい

■踏み込み素手攻撃

ヒット時は吹き飛びダウン判定。リーチがかなり短く深めに踏み込まないと外しやすい。

■素手不意打ち

武器持ち時と性能は変わらないがヒット時はダウン判定になった。武器を落とした時に重宝する。

必殺技

■畳返し

梅喧お馴染みの必殺技。素手時でも出せるヒット時は追撃判定付きの吹き飛びダウンとなる。飛び道具判定なのでミナの反射技には跳ね返される。

主に連続技パーツとして使い、ヒット後はジャンプ中斬り>特殊技2など様々な技で追撃が可能。ガードされた場合の隙は大きいので防御崩し成功後など反撃が確定する状況のみに使おう。

■畳返し(空中)

空中版の畳返し。素手時でも出せる地上版と違ってヒットしても吹き飛ばない。技が発生してから少し後に時間差で畳が落ちてくる。こちらも飛び道具判定。見た目より攻撃判定が小さいので注意。

ダウン中の相手に重ねたり昇りジャンプ中に早出しをして相手の空対空を潰す使い道があるが着地時の硬直が長いため頻繁に使うのはあまりお勧めしない。

■妖斬扇

中段判定。強版は怒り強化対応技。素手時でも出せる。空中専用技だが低空入力をすることで地上技のように出すことも可能(低空入力を知らない人はこちらを参照する事をお勧め)。

横の攻撃範囲が広く発生も早いため空対空、連続技の〆、中段技と用途は広い。低空入力をすることで右京の昇り燕のように反応しにくい高速中段技として使えるが下方向の判定は狭いので地上でしゃがんでいる相手には至近距離でしか当たらずガードされた場合の隙も大きいためリスクは高い。

■爵走

一定距離を走る移動技。移動中は下段攻撃以外を防ぐガードポイントが付与する。移動中に各ボタンを押すことで後述する派生技に移行する。対応派生技は弱が口無、中が裂羅、強が六根削ぎ、蹴が回り込み。飛び道具や牽制を防ぎながらの接近が主な使い方だが派生技はガードされると隙が大きく、何も出さない場合の移動終了後の隙も大きいため過信は出来ない。

また、爵走のコマンドと同時に対応する派生技のボタンを同時押しをするか事前に対応する技のボタンを押しっぱなしで入力することで爵走を挟まずに直接派生技を出すテクニックも存在する(例:→↘↓↙←+蹴+弱 or 弱ボタンを押しっぱなしながら→↘↓↙←+蹴)

■亞坐身(立)

下段以外の攻撃を受け流せるガードポイント技。ボタンを押しっぱなしの間は構えを取り続ける。当身が成立後は弱が口無、中が裂羅、強が六根削ぎ、蹴で回り込みに派生する。主に対空や飛び道具に対して使う。

亞坐身(しゃがみ)

しゃがみ版亞坐身。こちらは立版と反対で下段攻撃のみを受け流せる。大津波や爆炎流など下段っぽい見た目の飛び道具は取れないので注意。ボタンを押しっぱなしの間は構えを取り続ける。当身が成立後は弱が口無、中が裂羅、強が六根削ぎ、蹴で回り込みに派生する。 下段攻撃のみなので使う場面は立版より限られている。強力な下段攻撃を持つキャラ相手に使うのが主

■蚊鉤

中版は斜め上、強版は真っすぐに 鉤爪を伸ばす。素手時でも出せる。発生は遅いがリーチが長くガード時の不利も少ないので牽制技に混ぜる形で使っていきたい。ヒット、またはガードされた場合は各ボタンを押すことで派生技に移行するが中版のみ技が空ぶっている場合でも派生技を出すことが可能。

対応技は弱が閑割、中が鉄斬扇、強が六根削ぎ。素手時の場合は閑割のみ派生可能。

▲中版
▲強版

口無

爵走中、または亞坐身が成立した場合に出せる派生技。対空無敵有り。見た目通り対空に向いている。爵走コマンドから同時押しか押しっぱなし中(爵走の項目を参照)で直接出せる技に一番向いており無敵対空のように使えるので練習する価値は有。

裂羅

背中を向けながらの突き。爵走中、または亞坐身が成立した場合に出せる派生技。 リーチが長くガード時の隙も短めなので派生技の中では比較的安全に使える。

■六根削ぎ

爵走中、蚊鉤ヒット中(中版は空振り可)、または亞坐身が成立した場合に出せる派生技。 ヒット時はその場ダウン。発生が非常に早くダウンも奪えるので亞坐身からの反撃や爵走簡略コマンドを使っての連続技パーツに使いやすい。ヒット時は自分が相手を裏回る事が多いため技後に爵走即回り込みで位置を戻すなどの工夫も必要。

■回り込み

爵走中、または亞坐身が成立した場合に出せる派生技。 移動中は完全無敵。移動後の硬直が少し長いが当身成立後に完全無敵を利用しての脱出や動作の大きい技に対しての反撃手段に使える。

■閑割

ガード不能の移動投げ。蚊鉤がヒット、またはガード時に出せる派生技。素手時でも出せる。発生が遅く空ぶると隙が非常に大きいので他の派生技を見せてからたまに使う程度がちょうど良いだろう。中版蚊鉤空振りキャンセルで使うなど工夫もしたい。

■鉄斬扇

地面からオーラのようなものを出す技。蚊鉤がヒット、またはガード時に出せる派生技。 ヒット時は追撃判定付きの吹き飛びダウン。ガード時の隙が小さめなのでよほどめり込まない限り反撃を受けにくい。ヒット時は追撃が可能だが遠すぎると追撃は難しいし追撃時間も短いためコンボに繋げられる技は限られている。

■連ね三途渡し

武器飛ばし技。発生は標準クラスで初段のリーチも短いため連続技で使うのが基本。大きな隙を晒した際に叩き込む以外は単発で使うにはあまり向かない。1~3段目までの間は秘奥義で割込みが可能なので注意。

■光芒一閃

秘奥義の中では発生は早いほうだがリーチが極端に短いため至近距離で弾きが成功した場合や投げを避けた時に使うのがベスト。 爵走や亞坐身で動作の大きい技を取って裏回りから決めるという使い方もあるので頭に入れておこう

連続技

■立弱斬りorしゃがみ弱斬りor特殊技1>口無(爵走同時押し)

小技コン。 最速でないと繋がらず爵走同時押し派生も絡むため難易度は少し高い。あまり積極的に狙う必要はない。

■踏み込み弱斬り> 六根削ぎ(爵走同時押し)

踏み込み弱斬りの発生が早いため差し替えしや確定反撃に使いやすい。

■近立中斬りor踏み込み中斬り>近立強斬り

ガトリングコンボ。お手軽かつダメージも大きいので扱いやすい。畳返しが近い間合いでしか繋がらないので中斬り系の基本コンはこちらを選ぶのをお勧めしたい。

■ジャンプ中斬り>特殊技2

空中ガトリングコンボ。空対空や畳返し後の追撃に使えるがジャンプ中斬りが低めにヒットした場合は特殊技2が空かることが多いため注意。

■近立中斬りor踏み込み中斬り>畳返し(>踏み込み強斬りorジャンプ中斬り>特殊技2)or武器飛ばし

中斬りからの火力コン。怒り状態中は武器飛ばしを選択しよう。畳返しからの追撃は踏み込み強斬りのほうが難易度が低くダメージもジャンプ中斬りコンと大差がないのでお勧め

■近立中斬りor踏み込み中斬り>畳返し>ジャンプ強斬りor妖斬扇

画面端コン。 ジャンプ強斬りのダメージが大きく、その後に中段、下段、投げの三択を迫りやすい。下段択はジャンプ強斬りの着地後に即3蹴りが持続で当てられ隙が少ないのでお勧め。

蚊鉤>鉄斬扇>六根削ぎ(爵走同時押し)

蚊鉤始動コン。鉄斬扇後の六根削ぎは距離が離れすぎているとヒットしない。

■前倒しor引っ張り>踏み込み中斬り>畳返し(>踏み込み強斬りorジャンプ中斬り>特殊技2)or近立強斬りor武器飛ばし

投げコン。畳返しに繋ぐ自信がない人はガトリングコンを選択するのも有。

■遠立強斬り>GC>裏回り(爵走同時押し)>秘奥義

遠立強斬りが先端でガードクラッシュした場合のみしか入らない距離限定のガードクラッシュコン。裏回りも最速で出す必要があるため手元が忙しい。

立ち回り

■遠距離

仕切り直しの距離。遠目からのジャンプ中斬りか強蚊鉤が届く間合いを意識して行動したい。飛び道具は直前ガードか亞坐身で捌こう。

■中距離

梅喧の得意距離。長い中段技の不意打ちと下段の強斬りが常に飛んでくることを相手に意識させた上で立ち回りたい。牽制面は弾き不可能な遠しゃがみ中斬り一本でも大丈夫だがあまり振りすぎると相手の先読みジャンプ攻撃深からの連続技で大惨事になりかねないので空キャン可能な遠立中斬り空キャン中蚊鉤などもたまに見せていくのも有。 自分から攻め込む際や相手の牽制空振りには踏み込み弱斬りが機能しやすい。

■近距離

弱斬り系の技が短く、蹴り技も癖が強いもの揃いなため気軽に使える技がしゃがみ蹴りくらいと少し苦手な距離。攻め込まれている時は亞坐身からの回り込みで脱出するチャンスを伺いたい。自分が攻めている場合はリスクはあるが中段とジャンプ逃げ狩りを兼ねた低空妖斬扇や発生の早い下段の3蹴りと投げの択を匂わせたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サムライスピリッツ, 令サム

執筆者:

関連記事

【令サム】ミナのメモ その2 反撃ポイントとか

反撃が難しい技への確定反撃ポイント ※判明次第随時追加していきます。 【覇王丸】 ■酒攻撃:アラビの予兆 先端ガードでも反撃が間に合う。 【ナコルル】 ■弱アンヌ ムツベ:立ち中斬り しゃがみ中斬り …

ダーリィ・ダガー(Ver.1.72対応)

サムライスピリッツ(2019)の「ダーリィ」の特徴と主力技を紹介します。 ダーリィはどんな性能? 飛び込みに強い空中技、多段の突進技、アーマー判定付きの技など豪快な要素を持った近距離パワー型キャラ。攻 …

千両 狂死郎(Ver.1.72対応)

サムライスピリッツ(2019)の「狂死郎」の特徴と主力技を紹介します。 狂死郎はどんな性能? 長い通常技、飛び道具、無敵対空技と言ったバランスの良い技だけでなくガード不能技や空中技といった変化球的な技 …

いろは(Ver.1.80対応)

サムライスピリッツ(2019)に登場する「いろは」の特徴を紹介します。 いろははどんな性能のキャラ? 元祖サムスピ2段ジャンプキャラ。全キャラの中で唯一踏み込みがステップ性能になっており踏み込み攻撃を …

風間 蒼月(Ver.1.72対応)

サムライスピリッツ(2019)に登場する蒼月の特徴を紹介します。 蒼月はどんな性能のキャラ? 位置を指定可能な設置技にワープ技など奇襲戦に長けた必殺技、突進性能を持つ通常技といった特殊な要素の技を多く …