どら猫のダンボール箱ゲーム生活

サムスピや格闘ゲーム中心のブログ

格ゲーキャラ語り 格闘ゲーム

格ゲーキャラ語り 第五夜「リョウコ」

投稿日:2019年11月23日 更新日:

今回のお題は「ワールドヒーローズシリーズ」の「リョウコ」になります。

今だと「ワールドヒーロズって何だ?」って人も多いと思いますので簡易に説明すると歴史上の人物や有名人を競わせて誰が最強か決めようぜって内容の格闘ゲームです。

リョウコは二作目であるワールドヒーズ2から6名の新キャラの一人としてゲームに参戦しました。

新たな挑戦者達と対峙する主人公

2からの新キャラ達は歴史人物だけでなくアメフト、ムエタイなどスポーツや格闘技の象徴となる形で参加しているキャラもいて、リョウコもその一人になってます。リョウコに関しては元ネタとなる人物と作品もあるのでパッと見で分かりやすいと思います。

ムエタイのシュラはたぶん蹴撃手マ〇ル。

リョウコの戦闘スタイルは柔道。いわゆる投げキャラに該当するのですが、当時の投げキャラはザンギエフと言った巨漢のパワーキャラが主流で本作にもマッスルパワーというプロレスが戦闘スタイルの投げキャラがいました。

そんなリョウコのキャラ性能はパワー型のマッスルパワーとは真逆のスピード型キャラ。素早い動きと手数で押しながら相手の内側に接近、そして投げると言った「柔よく剛を制す」を体現したような性能で、ジリジリ近寄って広範囲の投げで吸い込む投げキャラ達とはまた違った楽しさを持った新機軸の投げキャラでした。

背負い投げした相手を追って空中で再度背負い投げをする「二段背負い投げ」

その後も新作に出演する度に新要素や新技を追加されていった彼女。特に今でも印象に残ってる技といえばワールドヒーローズJETから追加された移動投げ「首切り投げ」。

何が印象に残っているかって全く使い道がないことですよ。格ゲーの移動投げって最初に僅かな前動作のあとに突進して投げにいく流れになるんですが、リョウコは最初に相手に礼をしながらご丁寧に「首切り投げ!」と宣言して投げに行くわけですから対戦だとまず当てることができません。CPUにですらほとんど決めた記憶がなかったほどです。

この前動作は次作のパーフェクトでもそのままだったのでスタッフに深いこだわりでもあったのでしょう。せめてもうちょっと何とかしてほしかったですが。

真面目な性格が裏目にでた、格ゲー史に残るレベルの死に技「首切り投げ」の前動作

最終作にあたるワールドヒーローズパーフェクトでは相手の攻撃を受け流す当身技や超必殺投げも追加され柔道らしい投げ要素も益々高くなっていきました。まあパーフェクトは永久技があったせいで投げより打撃が強いキャラでしたが…

パーフェクト版リョウコと対戦するとよく見かける光景。リョウコ使いなら皆練習したよね?

高飛車な性格で派手な技が多かった、もう一人の女性キャラ「ジャンヌ」とは対極な存在だったリョウコ。SNKヒロインズにジャンヌが参戦したことですしリョウコにも再びスポットライトが当たる日を願って今回はこの辺で終わりにします。

もし復活したら、首切り投げはもうちょっと使える性能にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-格ゲーキャラ語り, 格闘ゲーム

執筆者:

関連記事

格ゲーキャラ語り 第十三夜「爆皇 雷」

第三回くらいで飽きて終わるかなと思ってたキャラ語りも何だかんだで13回目。飽きっぽい自分がよくここまで続いたもんだ。そんな話は置いておいて今回のお題は「わくわく7」の主人公「爆皇 雷」になります。読み …

格ゲーキャラ語り 第十夜「ゴズウ&メズウ」

10回まで続くとは思わなかったキャラ語り。今回はサムスピとKOFに少し関係のあるキャラ達となります。お題は「風雲黙示録」から「ゴズウ」と「メズウ」の暗殺者兄弟。何故二人かというと彼らの場合、キャラ設定 …

格ゲーキャラ語り 第三夜「まるるん」

続くと思わなかった格ゲーキャラ語り。今回は「わくわく7」のプレイアブルキャラ「まるるん」になります。 ト〇ロと〇イではない 魔法戦士、ロボ、機械メイド、イン〇ィ・ジョー〇ズといった個性的な面子のわくわ …

格ゲーキャラ語り 第八夜「リック・ストラウド」

三連続ボクサー回です。流石に「アレ」なボクサーばかりの紹介で、まともな彼を外すのはどうかと思いまして。そんなわけで今回は「リアルバウト餓狼伝説2」の主人公「リック」。 実質的な最終作で、しかもストーリ …

格ゲーキャラ語り 第六夜「マイケル・マックス」

テリーがスマブラにめでたく出演の記念も兼ねて今回のお題は同じ餓狼伝説に登場する「マイケル・マックス」になります。 まあ何で彼なのかと言うと長い餓狼伝説のシリーズにおいて唯一正式なプレイアブルになってい …