どら猫のダンボール箱ゲーム生活

サムスピや格闘ゲーム中心のブログ

サムライスピリッツ 令サム

千両 狂死郎(Ver.1.72対応)

投稿日:2019年11月24日 更新日:

サムライスピリッツ(2019)の「狂死郎」の特徴と主力技を紹介します。

狂死郎はどんな性能?

長い通常技、飛び道具、無敵対空技と言ったバランスの良い技だけでなくガード不能技や空中技といった変化球的な技も使える中距離キャラ。相手の意識の外を付くことに長けた変幻自在な戦い方が特徴。唯一しゃがみながらの移動が可能。全体的に癖の強い技が多いので上級者向け。相手の裏をかく戦い方を好む人にお勧めできる。

ガード不能技など他キャラにはあまり無い特徴も持っている

狂四郎で気を付ける事は?

技は一通り揃っているのだが全体動作が大きく秘奥義が確定するような致命的な隙を晒す状況が他キャラ以上に多いため、正確に技を当てる技術が常に求められる。また、ティッシュジャンプなため、飛び込みや逃げの能力が低く追い詰められやすいのも悩み。距離によって使える技と使えない技の差が激しいため技の得意間合いを把握して立ち回ることを心掛けよう。

狂死郎の特徴だが弱天でもある見栄切り。せめて技を当ててから歌舞いてほしいものだ

主力技紹介

遠しゃがみ弱斬り

リーチは長めで接近防止に使うのが基本。ヒット時は不利が大きいので連発できないのが弱み。

頑張って追い返そう

遠立中斬り

リーチの長さはトップクラスだが発生が少し遅めでヒット時も不利が大きめなので他のリーチキャラの遠中斬りに比べると少し不満がでる技。牽制や差し込み技としては十分な強さなので頼っていこう。

十兵衛の中斬り並に長いのは強み

遠しゃがみ中斬り

遠立中斬りより少し短い下段技。長いが発生は遅めなのが飛び込みからの連続技で一気にピンチになりやすいので慎重に振ろう。持続は長いので置くように使える。不意打ちのリーチも長いので二択の崩し技として使うのが無難か。狂死郎はしゃがみ移動が出来るので距離調整がしやすく当てやすい。

この距離から二択が出来るのは心強い

しゃがみ大斬り

斜め上に判定は強いが横部分の判定は弱いので地対空と防御崩しからの追撃用と割り切って使おう。持続が短いので対空に使う場合は引き付ける必要がある。対空に失敗するとしゃがみ喰らいから痛い連続技を貰ってしまうので、なるべく対空面は回転曲舞に任せたい。

無敵のない初期Ver.では頼らざるを得ない技だったが今では無理をして対空に使う必要はあまりなくなった

立蹴り

リーチが長めの前蹴り。判定も強くガードされた時の隙が短いので近距離戦に不安のある狂死郎には有難い技。足部分の喰らい判定が小さいので牽制技を潰す使い方もある。打点が高いため飛び上がるタイプの不意打ちも潰しやすい。

サムスピ伝統の強判定の蹴り。自身のリーチが長いので狂死郎を使うとあまり見ない場面だが

不意打ち

小ジャンプをしながら斜め下に突く中段技。ガード時は隙が大きいが前進距離が短くリーチも長いので先端で当てやすいため、余程近い距離でなければ反撃も受け難い優秀な技。遠しゃがみ中斬りと合わせて中下段の二択で崩そう。一部の飛び道具も避けながら攻撃出来る

崩しだけでなく回避技としても使える

ジャンプ中斬り

斜め下に判定が強いので飛び込みや空対空に強いのだが狂死郎のティッシュジャンプもあってか重要度は低め。垂直ジャンプからの様子見に使うくらいか空対空に使う場合は先に相手が落ちて距離によっては当てたのに反撃される事もあるので注意しよう

ティッシュジャンプでなければ活躍の機会が多いだけに惜しい技

踏み込み弱斬り

少し前進しながら張り手をする技。ガード時の隙が小さく持続が長いので自分から斬り込む時に重宝する。打撃属性なので弾かれる心配もない。近めのジャンプ防止技としても使える

初期Ver.のダッストを彷彿させる歌舞伎張り手

大津波

地を這う飛び道具技。今作では珍しい発生も発射後の隙も普通な飛び道具 。弾速は強>中>弱。発生は弱版が僅かに早い。特にこれといった強みと弱みもなく先読みされない限りは飛び込みから痛い反撃を貰う事もないので、牽制に混ぜたり遠距離で様子見から使っていくのが良いだろう。飛ばして落とす使い方もできるが地上の対空技の出が遅めなので少し難しい。素手時でも使えるので地味に助かる。弾の判定は見た目より小さいので飛び上がりながら攻撃できる技を持つキャラ相手には注意をしよう

薙刀を振り回して撃つように見えるため勘違いされやすいが素手でも撃てます

回天曲舞

回転しながら斜めに飛び上がる昇竜技。強版には出始めに全身無敵があるが技の終了時に目を回してしまい大きな隙が出来る。技が出てしまえば判定が強いので判定負けすることはあまりない。

少し発生は遅いが強版を対空と割り込みに使うのが基本なのだが、強版は飛距離が長いので相手と位置が入れ替わってしまい、状況によっては自分から端を背負ってしまう場面もあるため注意して使っていこう。弱版は発生が早いので早出し対空に使える。

但し、今までのシリーズと違って裏の判定は無いに等しいのでめくりを落とす使い方には向かなくなった

追記:Ver.1.72より中版に空中無敵が付与。

落としたのに端を背負ってしまい状況が悪くなってしまったの巻。近距離キャラ相手だと怖い場面

血煙曲輪

空中版回天曲舞。真下の判定は弱いがそれ以外はかなり広範囲に攻撃判定が出ている。技の終わりに見栄を切るので隙が非常に大きい。空中技だがバックステップ中にもだせるのでバクステしながら様子見して、相手が何か手を出した時の迎撃に使える。発生も早くダメージも大きいので決めれる状況なら確実に当てに行きたい

バクステキャンセルは狂死郎を使う上で重要な防御テクニックなので要練習。

跳尾獅子

地面に刺した薙刀を軸に棒高跳びのように蹴る技。出始めに投げ無敵と足元無敵が付いている。ガードされた時の隙や外した時の隙は大きい。最初に反り返るので弾かれ中に手を出そうとした相手の攻撃を避けながら反撃したり、近距離で投げと下段を潰す使い方があるので狙う価値はある。ダメージも大きくダウンも奪えるので防御崩しからの追撃でどれを使うか迷ったらこの技にしよう。

わざと隙を見せて反撃を誘ってところに一撃。役者たるもの予想の斜め上をいく動きも見せるのだ

血肉の舞

地を走る回天曲舞。武器飛ばし技。前進距離が長く画面端まで届く。無敵はないが発生が早いので連続技だけではなく早めに出すと対空技に使える。削り値が異常に高く出始めからガードさせると怒り中の中斬り一発分は体力を削る。相手の体力が残り僅かなら削り倒しも狙おう

削った場合の体力比較

主な連続技

  • 近立弱斬りor近しゃがみ弱斬り>弱回天曲舞
  • 近立中斬りor近しゃがみ中斬り>弱跳尾獅子or強回転曲舞or血肉の舞
  • 前方or後方防御崩し>遠立大斬りorしゃがみ大斬りor弱回天曲舞or弱跳尾獅子or血肉の舞

基本的な立ち回り

遠距離

大津波を適度に撒きながら相手の動きを様子見しながら中距離にいく準備をしよう。

中距離

遠立中斬りの間合いギリギリをキープしながらの動きが中心になってくる。遠立中斬りだけでなく大津波も牽制に混ぜ、差し合いを嫌がって飛んだら迎撃の形に持っていくのが理想。自分から崩しに行く場合は踏み込みからの崩しよりもゆっくり近寄りながら不意打ちと遠しゃがみ中斬りでじわじわ削るのが安全。

近距離

小技の回転率が低く殴り合いが苦手な狂死郎が避けたい距離。立ち蹴りや押し返しなどを使って追い払いたい。ティッシュジャンプなので投げを読んでからの反撃が難しいためバクステ血煙も使っていきたい。端に追い詰めらている時は強回転曲舞で逃げるという手もある。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サムライスピリッツ, 令サム

執筆者:

関連記事

【令サム】ゴースト機能を見つめ直す

自分自身や対戦相手の分身を対戦内容から自動で生成すると発売前からの触れ込みで話題となった「ゴースト」。対戦を重ねるたびに動きを学ぶ機能もあることでユーザーの期待も高かった。しかしいざゲームが発売してみ …

サムライスピリッツ

当ブログでは2019年にSNKから発売した新作サムライスピリッツの情報を中心とした記事を公開していきます。最初の記事となる本ページではサムライスピリッツの大まかな特徴を紹介します。 サムライスピリッツ …

ナコルル地獄変 第六回「接近してからの行動」

近距離戦で優れた技が多いナコルルだが崩し能力はそこまで高くない。今回は相手に接近してからどうやってダメージを奪うかの話になります。 接近時の主力技 ■近立弱斬り 発生5F、ヒット時は+1F有利になる接 …

「令サム」ボタン配置について アケコン編

今回はアーケードスティック、通称「アケコン」のボタン配置についての記事になります。令サムも発売して早半年。アーケード版も稼働したことですし自分に合ったボタン配置も各々で定着化していると思います。 しか …

【令サム】防御力と体力について(Ver.1.90対応)

サムライスピリッツ(2019)の各キャラの防御力とそれに関した体力についての説明になります。 今作は現在のところ4段階の防御力のランクがあり各キャラ毎に防御力の値が違う。今回の記事では、A=高防御力、 …