どら猫のダンボール箱ゲーム生活

サムスピや格闘ゲーム中心のブログ

未分類

【サムコレ発売記念】零SPミヅキを振り返る

投稿日:

今月はいよいよPS4版とswitch版のサムコレが発売しますね。零SPは既にオンライン対応ソフトは出ていますが完全版がサムコレに収録という事で今回再び注目されるタイトルになるのではないでしょうか?

そんなわけで今回は真サムでラスボスを務め、零SPで初のプレイアブルキャラとして実装された「羅将神ミヅキ」に注目したいと思います。

▲お話になりませぬ

令サムからサムスピに入って過去作を知らない人はミヅキの事を「邪神を崇拝する危ない巫女さん」「歌舞伎の嫁」程度に覚えておくといいかもです。

真サム時は凶悪極まりない性能とCPUの超反応も相まってまともに戦っては勝ち目が無く多くのプレイヤーを悩ませましたが、プレイアブルキャラになった零SPからは全体的に下方修正されすぎて対戦で勝つには厳しい性能になりました。CPU専用のボス性能を再現されたらバランス崩壊の素なのでこの辺の事情は仕方ないのですが。

まあ、歴代格闘ゲーム作品の中ではボスキャラからプレイヤーキャラの立場になっても変わらない強さで戦えた人もいますが…

▲初のプレイアブル化でもボス性能時代とほぼ変わらん強さで戦えたC社のV様

とりあえず零SPミヅキ様の長所と短所をざっくりと挙げてみましょう。

■長所

  • 連続技火力が高い
  • 武器飛ばしの性能は一級品
  • コマ投げ持ち

■短所

  • 防御力が低い
  • リーチがない
  • 必殺技の半分以上が死に技
  • ジャンプがふんわり
  • 機動力が低い

どこかのドジっ娘風水師を思い出しますね。特に一発屋なところが。元ラスボスなのに…

▲ラスボスと比較される運動音痴

同じく零SPでボスキャラからプレイアブルキャラとして参戦したボスキャラ後輩の我旺君とリーチ比較もしてみましょう。

▲お祓い棒と槍ではリーチ差がお話になりませぬ

必殺技紹介

■呪歌爪弾

クルりと回りながら爪で攻撃。素手状態でも使えるミヅキの数少ない頼れる技。 弱は一回、中は二回、強は三回とボタンの強さで攻撃回数が変わる。発生が早い弱を確反用、中版は近立中斬りの二段目ヒット確認からのコンボパーツ、発生は遅いがガード時の隙が少ない強版を削り用といった感じに使い分けるのが主。突然のブッパ技としてもそこそこ強いが弱版と中版のガード時の隙が大きく、ミヅキは紙装甲で事故はなるべく避けたいので慎重に使いたい。

■邪心共鳴

相手の位置をサーチするガード不能の設置技っぽい飛び道具技。異常なまでに発生が遅く攻撃判定が一瞬のみで持続がほぼ無いので実戦で当てるのは困難。忘れた頃に使うどころか存在自体を忘れたほうがいいレベル。真サム時代はヒット時にレバー操作が逆になる状態異常が付加したが零SPではそれすらも奪われた。

■覇気陰滅陣

下段の魔法陣を放つ飛び道具技。空ぶってもガードされても尋常じゃない隙を晒す無情な技。その分攻撃力が強斬り以上に高く発生もそこそこ早い。密着状態なら踏み込み中斬りや近立ち中斬りから繋ぐことも可能。剣気ゲージMAXで怒り状態中なら半分近く体力を奪えるので大きな隙に叩き込もう。そしてミスった時は死を覚悟しよう。

■神魔滅殺陣

真サム時代の通常投げを再現したコマ投げ。何故か相手を豚にするが技が終了時には元に戻るので特に意味はない模様。腐れ外道や骸羅のコマ投げと比較するとお話にならない威力の差を感じ劣等感を覚えてしまう。コマンドの関係上前転から出しやすいので前転無敵を利用した崩し技として使いやすいのは救い。

■魔界転生

おほほと笑ったあとにワープする移動技。弱は画面端、中は相手の目の前、強は相手の裏に移動する。最初の笑いさえなければそれなりに使えた技だけに残念。おほほ笑いは真サム時代の再現だから仕方ないね。余計なところだけを再現されても困るのも事実だが。

■我神共鳴魂

小ジャンプした後に魔獣(別名:タマ)を召喚して突撃させる技。真サム時代のように余計なジャンプをせずにパピーのように使いたかったとミヅキファンを幻滅させた技。ガードされても隙はたっぷりなので存在自体を頭から抹消しよう。

てか最初のジャンプいらん

■天地魔境陣

武器飛ばし技。発生時に全身無敵有の飛び道具技。放たれた弾は一定距離を進んだ後にこちらに戻ってくる。残念ながら真サム時代と違って本体が攻撃を受けると弾は消えてしまうがそれでも頼りになる性能をしている。連続技にこそならないが無敵時間を利用したぶっ放しのプレッシャーは高いので怒り状態中はこの技を盾にガンガン圧をかけやすいのが強み。

決してお勧めできないお話にならない性能のキャラではありますが、高火力の浪漫を求める人、弱キャラ愛好家、巫女スキーな方々は使って見てはいかがでしょうか?

もし令サムでDLC参戦の機会があるならもうちょっとまともに戦える性能にしてほしいですね。

それでは、また!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:

関連記事

【令サム】素手でも頑張れるキャラ達

お久しぶりです。最近は特に書くことも少なくなりブログ更新も停滞気味になってました。サードシーズンはよ… さて、最近素手限定大会という珍しいルールの大会が開催され私もそれに出場してました。と、言うわけで …

格ゲーキャラ語り 第十四夜「リチャード・マイヤー」

随分と久しぶりとなるキャラ語りです。今回は「餓狼伝説」の登場キャラ「リチャード・マイヤー」となります。 出番こそ少ないけど登場すれば「ああ、いたいた、こんなキャラ」と反応される。リチャードはそんなキャ …